富山県建設国保

プロフィール

プロフィール

富山県建設国民健康保険組合(富山県建設国保という)は、富山県内の建設業に従事する富山県建築組合連合会の組合員で組織された“国民健康保険組合”で、昭和45年8月1日に富山県知事の認可を受けて設立した公法人です。 


加入資格
必要な手続
保険料
保険給付
事故の届け出
保健事業

建設国保の特徴

  • 保険料は、所得に関係のない定額支払い。
    年齢世代別の毎月定額保険料となっています。
  • 特定健診・保健指導を全額補助
    人間ドック(脳ドック)での受診には、15,000円を補助します。
  • 救急薬の無償配布
    組合員家庭の健康維持のため、毎年配布します。
  • 傷病手当金(休業補償)があります。
    組合員の入院には、1日につき8,000円を60日間支給します。
  • 健康優良世帯表彰
    健康を祝して記念品を贈呈します。
  • 出産支援金
    出産費用の補助として、出産1児に30,000円を支給します。
  • 育児情報誌の送付
    第1子出産に対し、月齢別育児情報誌を1年間送付します。
  • 保養施設利用補助
    富山県内契約施設の利用に、1世帯につき3,000円を補助します。
  • 葬祭費
    死亡時、組合員には80,000円、国保加入家族は40,000円を申請により支給します。
  • その他 高額療養費、出産育児一時金があります。

お知らせ

2019/11/28

   2021年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険証として使えるようになります。(詳しくはこちら


富山県建設国保
その他各種取扱保険紹介
入会のご案内